読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

ガンダムエース

2011 No.106 6月号 雑感

GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 06月号 [雑誌]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2011/04/26メディア: 雑誌 クリック: 7回この商品を含むブログ (7件) を見る 今月も先月並の厚さでした。 次のガンダムが始まるまではしばらくこの厚さでしょうか? THE OR…

2011 No.105 5月号 雑感

GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 05月号 [雑誌]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2011/03/26メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (7件) を見る 最近分厚いことの多かったガンダムエースも、久しぶりに標準的な(?)厚さ。 THE ORIGI…

2011 No.104 4月号 雑感

GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 04月号 [雑誌]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2011/02/26メディア: 雑誌 クリック: 4回この商品を含むブログ (7件) を見る 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 表紙の通りついに最終章。 サブタイトルは「―めぐりあい宇宙編―…

ガンダムパーティー

捨ててしまったと思っていたのですが、先日実家に帰った際に発見しました。 しかし、中身は10年以上前のものだけあって焼けまくってました。 やっぱり単行本未収録分も含めて新装版を出してほしいです。 せっかくガンダムエースにちょっと載ったことですし、…

2011 No.103 3月号 超級!機動武闘伝Gガンダム ―ドモン放浪編― Round7

単行本が発売されたこともあってか、ようやく話題になるようになりました島本版Gガンダム。 http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-395.html ↑で言われているようにネタ的要素、というか島本漫画風のアレンジの要素は多々見られますが、基本的にはアニメ…

2011 No.103 3月号 雑感

GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 03月号 [雑誌]出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2011/01/26メディア: 雑誌 クリック: 7回この商品を含むブログ (8件) を見る 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 休載でした…… インタビューや次号予告をみると、どうやら前回ま…

2011 No.102 2月号 感想

GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 02月号 [雑誌]posted with amazlet at 10.12.25角川書店 (2010-12-25)Amazon.co.jp で詳細を見る 冒頭はゲーム関係の紹介ページ。 PSPの「G GENERATION WORLD」にはユニコーンから、クシャトリヤ、ギラ・ズール、リゼルも…

2011 No.101 1月号 感想

GUNDAM A (ガンダムエース) 2011年 01月号 [雑誌]posted with amazlet at 10.11.25角川書店 (2010-11-26)Amazon.co.jp で詳細を見る 前回が100号だったり、ユニコーンの2話公開前だったので、特筆すべきことのない今号はちょっと地味に感じました。 あ、「シ…

2010 No.100 12月号 感想

GUNDAM A (ガンダムエース) 2010年 12月号 [雑誌]posted with amazlet at 10.10.25角川書店 (2010-10-26)Amazon.co.jp で詳細を見る 「はじめたいキャピタルGの物語」の衝撃にすべて喰われてしまいましたが、気になったところを抜粋。 大河原ファクトリー …

2010 No.100 12月号 冨野監督の新ガンダム?「はじめたいキャピタルGの物語」

今号でガンダムエースは100号目だそうです。 ガンダム専門の雑誌でこれだけ出るってすごいことですね。 おめでとうございます。 っとまぁ、私とガンダムエースについてでも書こうかと思っていたのですが、このガンダムエースにとんでもないものが掲載されて…

2010 No.099 11月号 水島精二監督インタビューより

気になったところだけ抜粋。 ――デカルトの機体をガンダムにしようとは思いませんでしたか? 水島:ないですね。ガデラーザは連邦の最新兵器であって、ソレスタルビーイングのガンダムではないですから。アヘッド系の連邦の技術にイノベイドの技術が加わって…

2010 No.099 11月号 購入

冒頭に刹那・F・セイエイ役の宮野真守さん、デカルト・シャーマン役の勝地涼さん、監督の水島精二さんのインタビュー。 いくつか気になることもあったので、詳しくは後日書きます。 しかし、パンフレットでもそうですけど、中途半端なところで退場するデカル…

2010 No.098 10月号 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニーライデンの帰還 material A005[realize]

そういえば、先月は感想を書きませんでした。 オリキャラが暗躍していて今一つ話がわからなかったからなんですけど…… 正直言って今月もそうですが、なぜ感想を書こうかと思ったかというと、理由は二つあります。 1点目。 なんとゴップが登場したのです。 フ…

2010 No.098 10月号 購入

オリジンは休載で代わりにインタビュー。 21巻に「ひかる宇宙編」の最初のほうのインタビューものってましたから、このインタビューも22巻で収録されるかもしれません。 そういえば、その時はラフ画だったシャア、ギレン、キシリアのイラストが今月の付録ポ…

2010 No.097 9月号 超級!機動武闘伝Gガンダム ―ドモン放浪編― Round1

ガンダムWだけあって、こちらがないのも難なのでカテゴリ作成。 一応毎回感想を書くつもりですが、ほぼアニメ版準拠みたいなので書くことがないときはスルーすると思います。 1話感想は、ガンダムエース購入のところで書いたとおりですので、ここではインタ…

2010 No.097 9月号 ひかる宇宙編 SECTION Ⅶ

ここから22巻、おそらく最終巻の内容です。 THE ORIGINオリジナルの展開がいくつか見られました。 まず、ララァを失ったシャアが向かったのは、キシリアの元ではなく、なんとギレンのところでした。 シャア「ニュータイプ部隊の貴重な戦力を失いました キシ…

2010 No.097 9月号 購入

表紙はジオング。 ついにラスボスの登場です。 後日書きますが、今回のオリジンはかなり面白かったです。 今月のガンダムエースで注目すべきはその厚さ。 近年では最もぶ厚い思います。 その理由は、120ページに及ぶ新連載、島本和彦さんの「超級!機動武闘…

2010 No.096 8月号 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME Recollection:01「サイコフレーム」

ハサウェイとクェス、チェーンの会話など、映画を踏襲したような内容。 サイコフレームの光(いわゆるアクシズショック)によって、ナナイの回想になり今回は終了。 次回からは、ナナイの過去が描かれると思いますので、本当の始まりは次回ですね。 最後に1…

2010 No.096 8月号 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニーライデンの帰還

サブタイトルが見つかりませんでした。 今月取り上げられたのは、「ボール 機雷散布ポッド装備タイプ」。 ど忘れしてしまっているだけかもしれませんが、このボールはこれまでの紹介記事に出ていましたっけ? 「動く棺桶」として有名なボールですが、解説に…

2010 No.096 8月号

カテゴリーをつくっていない記事についていくつか。 今月のガンアムエースには、ボンボン読者なら懐かしい、ときた洸一さんの4コマ漫画が載っています。 当初は「がんばれドモンくん」として始まり、「ガンダムパーティー」として後に単行本になった知る人ぞ…

2010 No.096 8月号 購入

ついでにいくつか届きました。 感想は後日。

2010 No.095 7月号 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニーライデンの帰還 material-A0002[PICTURES]

今回ヒィーチャーされたのは「MS-06A ザクⅡ 初期生産タイプ」でした。 前回と同じく5ページに渡り、解説がついています。 物語には、かつてのジオンパイロットの回想という形で登場しています。 どういった物語なのか?、というところがまだ見えてこないので…

2010 No.095 7月号 ひかる宇宙編 SECTION Ⅴ

先月は、ほぼアニメ版同様でした。 今月は、ついにエルメスのララァが、アムロのガンダムにビームサーベルで貫かれたところで終了。 ほぼアニメ版通りなんでが、せっかく新MSまで出したセイラが全く絡んでこないとは思いませんでした。 多分、セイラさんの今…

2010 No.095 7月号 新條まゆ 機動戦士ガンダム ジオン幼年学校 EPISODE:02/歓迎会 より

「え、そうなの……?」

2010 No.095 7月号 購入

表紙のララァが「\(^o^)/」に見えます。 内容的には、別に間違ってはいないんですけどね(笑) 新連載はく久織ちまきさんの「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME」。 結構前からアナウンスされていたので、ようやく開始なんですが、あまりページ…

2010 No.094 6月号 MSV−R ジョニーライデンの帰還

Ark Performanceさんの新連載が始まりました。 内容的には、まだよくわかりませんね。 今回は先月のガンダムエースのMSV-Rで登場した、フルアーマーガンダム・タイプBがメインのお話でした。 6ページに渡って機体の解説がされていましたが、毎回それぞれの…

2010 No.094 6月号

2010 No.093 5月号 MSV-R

いまひとつ盛り上がりに欠ける気がするMSV-R。 気がつけばもう一年続いているんですね。 ハーモニーオブガンダムのような、すぐにゲームに出演やガンプラ化がないため世間的な認知度もおそらく今一つでしょう。 というか、一年戦争のMSVは正直言ってもう限界…

2010 No.093 5月号 古橋一浩監督インタビュー

内容についてはBDについていたブックレットと共通する部分が多かったです。 字幕やナレーションを入れないという点についてです。 ブックレットを読んだときにも思ったのですが、ここでいうナレーションにはモノローグも含まれると考えていいのでしょうか。 …

2010 No.093 5月号 ひかる宇宙編 SECTION Ⅲ

まさかの新MS登場です。 本編中ではジムの増加装甲タイプとしか呼べれていないため、正式な名称は不明です。 そこはかとなく、ライトアーマーとにてますね。 パイロットがセイラ・マスとなると、アムロ&セイラVSシャア&ララァ戦においての、セイラさんの出…

2010 No.093 5月号

今月の付録、懐かしきSDガンダムカードダスです。 小学生のころ私も集めていました。 おそらくすべて処分してしまったと思いますが、いまでも持っていればオークションでどれなりの値段がついたのかもしれませんね、ちょっと残念です。 で完全に忘れていたの…

2010 No.092 4月号 公式ガイドブック2

今月は休載でした。 休載はこれまでもありましたが、話の区切りであることが多かったですので、この中途半端なタイミングは珍しいですね。 代わりにア・バオア・クーでの戦いについての会議の様子が載っていました。 ア・バオア・クー時点で兵力を比較した場…

2010 No.092 4月号 それいけ!!松戸アングラー隊

あいかわらず徳光義之さんはすごいです。 ”神は細部に宿る” 重箱の スミをつついて 舐めまわせる ほどの ダシ汁やソースが あるか否かが その作品世界の豊かさを決定する そも「宇宙世紀」の 魅力はッ その重箱のスミの 無限の豊かさ ではないか なんという…

2010 No.092 4月号

ガンダムアサルトサヴァイヴの記事より。 いい加減に「ロザミア・バダム」を「ロザミア・バタム」にしたのなら、バタムで統一して欲しい。 劇場版Ζガンダムでバダムは誤表記というように設定が変わったのではないんでしょうか。