読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」Bパート 感想

機動戦士ガンダムユニコーン

 バンシィがビームサーベルを抜く所からBパートスタート。
 すごく区切りが悪いです……
 だれもここでチャプターが変わっていると思わないでしょうね。





 ユニコーンVSバンシィ

マリーダ「プルトゥエルブ。マスターはアルベルト・ビスト……!」

バナージ「違うよ!あなたはマリーダさんだ。あなたのマスターは、ガランシェールのジンネマン大尉だよ……!」

 Aパートで書いた、アルベルトのフルネームをバナージがスルーするシーンです。
 もちろん状況から考えれば、アルベルトのフルネームなんかに触れていられる場合ではないのは間違いないのですが、あくまで創作物ですので「誰が何を知っているか、知らないか」は重要なことだと思いますので、マリーダの台詞は「アルベルト」で止めておくべきだったような……(それはそれでおかしいか?)
 もっとも、この台詞は小説版のままなので、そのまま使っただけ以上の意味はないと思いますが(小説版ではこの時点でバナージはアルベルトが腹違いの兄である事を知っています)。
 今回はカットされてしまいましたが、今後必ずあるバナージとアルベルトの会話では、バナージがアルベルトを『アルベルト・ビスト』と認識しているのか気になります。





 ガルダへ到達するデルタプラス

リディ「君を迎えに来た」

 小説版の感想を書いたときも同じことを言ったかもしれませんが、台詞だけはめちゃくちゃかっこいいです。
 それだけに、その後が引き立つわけですが(笑)
 あまり人気はないようですが、リディのこういう駄目なところが好きです。

マーサ「リディ少尉、ご自分の立場がわかってらっしゃるのかしら」

リディ「わかっているからこうしている。ローナン・マーセナスの息子を殺せばどうなるか、そっちこそわかっているんだろうな」

 小説版では家の事はマーサの方が言いだすことで、フライトレコーダーに音声が記録されていることを盾にマーサに立ち向かうのですが、アニメ版では最初から家の名前をだしてきました……こんなにかっこ悪くされてしまって、アニメスタッフはリディに対して本当に厳しいですね。
 小説版では、ミネバがリディを拒絶する理由の一つに、マリーダのことを「人形」と言い放ったことがあるのですがカット。
 この台詞がなくとも結果は変わらなかったでしょうが……





 ガルダから落下するミネバ
 私が観たかったユニコーンの中で一番好きなシーン。
 私にとってのep5は、ユニコーンという作品はこのシーンの為にあります。
 リディを完全に拒絶してガルダから飛び降り、「受け止めなさい、バナージ!」というミネバ。
 ここまでは良かったです。
 すごく良かったです。
 しかし、ユニコーンの手のひらでミネバをキャッチした位置が低すぎるせいで、手を握ったときバナージが上、ミネバが下になってます。
 それじゃ1話と逆だろうが!!
 しかも近づくときのユニコーンはCG……(手書きでやるとスタッフが死ぬ?)
 確かに若干無理のある形になるんでしょうけど、小説版の挿絵(ガンダムエース連載版)は頑張ってたじゃないですか(文庫版もこうだったりするんでしょうか?)。
 むしろ、エンジェルハイロゥからシャクティを回収するV2のオマージュみたいになっちゃってます。
 あのパッケージをみて気付くべきだったのか。
 手抜きと言われようが1話の手を伸ばすバナージのトレースでもいいくらい思います、このシーンは(一応リディが手を伸ばすところが、ほぼ左右反転で1話バナージと同じ姿勢になっているようです)。
 どうせMSの腕に落ちたら、どんな形にしていようが実際は死ぬんですから、リアリティなんか無視して、バナージがコクピットから身を乗り出して手を伸ばし、プチモビの時のように下から手を握る、でもよかったと思いますし。
 ユニコーンのコクピット側から移せば、ユニコーンを書く手間を省けますし。
 こんなつまらないことにこだわるのは私だけか……
 ミネバの「はい!」は良かったと思います。





 ユニコーンVSバンシィinガルダ

マリーダ「お前もガンダムか!」

 といいデルタプラスに詰め寄るマリーダ。
 ※ デルタプラスガンダムではありません
 そして舞台挨拶でネタにされるくらいボコボコにされてました。
 リディに厳しすぎるアニメスタッフ(笑)
 そして、デルタプラスから降りて、バンシィを撃つリディ。
 力尽きて倒れます。
 リディに厳しすぎるアニメスタッフ(笑)





 離脱
 ネェル・アーガマとガランシェールをいろんな意味でつなぐユニコーン
 ここでも小説版にあったオマージュ、「ユニコーンは伊達じゃない」をカット。
 脚本にもないです。
 これは、もうオマージュはカットということでよろしいんでしょうか?
 オマージュ嫌いな私は期待してしまいます。





 ガルダに残されたリディ
 血が垂れて、酸素を吸引しながらバンシィを見上げるリディ。
 小説版ではアルベルトも一緒で、振られた2人のコンビ誕生シーンなのですが、アルベルトの描写はほとんどカットされたため、リディ一人です。
 リディに厳しすぎるアニメスタッフ(笑)
 このep5を微妙に感じた理由は、アルベルトの描写がないこともあるのかもしれません。
 アルベルトとジンネマン、バナージのシーンは全編なくなってしまいましたし。
 マリーダへの想いは一応伝わってるのでしょうが、うーん。
 むしろここからアルベルトはマーサに対してやや反抗的になるのですが(マリーダ > マーサになるだけですが)、これでなられても……って感じです。
 アニメでどう魅せてくれるのか期待するしかないですね。





 久しぶりのネオ・ジオンの皆さんVSゼネラル・レビル
 しかし台詞はありません。
 ローゼン・ズールはバンシィ戦をもっとがんばってよ!っと思いたくなるくらい良く動きます。
 そのままローゼン・ズールの販促ムービーに使えそうです。
 それとAパートで和みシーンはネェル・アーガマの身と言いましたが、あれは嘘でした。
 ローゼン・ズールの退場シーンは笑うしかない!
 是非ご覧ください。
 最後はシナンジュがゼネラルレビルを狙撃して終了。
 一応、ゼネラル・レビル搭載MSのジェガンとリゼルは公開までは明かされていませんでしたが、今回はバイアランのような完全新規のアニメオリジナルMSはいなかったようです。





 とりあえずこれでep5は終了。
 まとめと、ep6、7に向けては後日。










ROBOT魂 [SIDE MS] バンシィ

ROBOT魂 [SIDE MS] バンシィ

ROBOT魂 [SIDE MS] V2ガンダム

ROBOT魂 [SIDE MS] V2ガンダム