読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

「鉄血のオルフェンズ」第28話『夜明け前の戦い』感想

 石動・カミーチェ

 マクギリスの部下ですが今回は味方の様子。

 はっきり『ファリド准将』と言ってましたので、鉄華団の幹部の中では『マクギリス=モンターク』は隠さなくてもいいようです。

 次に気になるのは世間が知ってるのかどうかでしょうか。

 モブ相手の戦闘しかありませんでしたが、マクギリスの乗っていた方落ちのシュヴァルベを使っているあたり割と強いのでしょう。

 

 

 

 夜明けの地平線断戦

 数をごまかすという展開はわかりやすく面白い戦術だと思います。

 ジェリドとカクリコンや、ルナツー武装解除を思い出させます。

 

 

 

 グシオンリベイク・フルシティ

 形容する言葉が2つあって覚えにくいです。

 新型がでにくく、回収していくことが多いであろうことを考えると、今後はもっと長くなる可能性も?

 シルエットだけならラスボスみたいでかっこいいと思います。

 

 

 

 ヴィダール

 鉄華団とマクギリス、声は松風雅也さん。

 間違いありませんね、大方の予想通り正体はガエリオのようです。

 ――あの状況でどうやって生き残ったのか?

戦いそのものが茶番でってオチも考えましたが、誰かに見せていたわけでもないですし・・・

 鉄華団の名前を聞いてマスクが光るのは、笑うところ?

 

 

 

 共闘とか三つ巴の混戦とか面白い回でした。

 1期に比べて戦闘に参加するMSが多く、かつ近接戦闘が多いのを観ると、OVAくらいならクロスボーンいけるんじゃないかと期待してしまいます。