読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

鋼鉄の7人 第11話|鋼鉄の7人 感想

機動戦士クロスボーンガンダム

 ついにフルクロス登場。

 トビアとベルナデットの会話はラスト(というかエンディング?)に向けての複線みたいです。

 あとは、光のカリストを倒すだけか。



 さて、打ち切り漫画の最終回みたいなラストですが、それだけに熱い展開。

 木星遊撃隊のメンバーとMSが発表されました。



 まずは、Aチーム。

 もと「死の旋風隊(デスゲイルズ)」の皆さん。

 バーンズ、MSはまさかでるとは思っていなかった、トトゥガ改良版、バーラ・トトゥガ。

 近接専用の機体らしい。

 同様にローズマリーのアラナ・アビジョ。

 「アラナ」はスカルハートでてきた量産型のMSですが、連邦にも回収されてたのか?

 そして、元リーダー、ギリ。

 ビギナ・ギナⅡの調整版MS。

 ごめんなさい、ビギナ・ギナⅡの調整以前に、ビギナ・ギナⅡという機体をganotaは知らなかったんですが・・・?

 何にでてくるんでしょうか?

 外見はどっちかっていうと、F91の調整っぽい。

 まったくといっていいほどビギナ・ギナの面影がない気が・・・

 そして、ビギナ・ギナなのにガンダム顔なのがF91っぽさに拍車をかける・・・

 元のビギナ・ギナⅡを知らないので外れている可能性はあるけど、調整って言うのは腕のクァバーゼの武器だけかな?



 そして、Bチーム。

 ミノル・スズキ、F90I。

 ごめんなさい、この機体も知りません。

 F90は5,6機しか覚えていないもので・・・

 インターセプトとアタッカーというポジションから察すると、あのシールドで突っ込んでいくとかそういう感じだろうか?

 ようやく復活したドレッグはF91

 遠距離支援ということは、離れた位置からヴェスバーを打ちまくるんだろうか?

 こいつは、強力過ぎる!

 そして、フルクロスのトビア。

 Iフィールド発生器を手のひらでなく、肩に付けたということは、X3の持ち味(?)のビームの発射口をつぶす戦いはできないということに。

 ディビニダド、コルニグスと使ってきた戦法だっただけに、ちと残念。

 ってかABCマントと両方付ける意味あるのか?

 そんなにビームが怖いのか?

 まさか、フルクロスで、コロニー・レーザーを受け止めるなんていうアホ展開か!?(笑)



 指揮官はエウロペ、MSはアンヘル・ディオナ。

 ディオナって式典用の機体じゃなかったか?

 そんなもんを回収して強化って。

 しかも、性能はバタラだった気がするんだが・・・

 まぁ、イメージ的には合ってるから、演出優先と目をつぶろう。



 味方キャラはかなり魅力的に仕上がったけど、名前のある敵は光のカリストしかいない(影のカリストも一応いるけど)のは大丈夫なんだろうか?