読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第18話「卒業式の戦闘」感想

 やっぱりアセム編になってもAGEはAGEでした。
 最初の16話がちょっと良かっただけでした。
 っということを感じさせる18話でした。





 そんな18話ですが、最初に良かった事を一つ上げると「1年半前貴様がスクールに転校してきたのと時を同じくして……」という憲兵の台詞はタイミングが素晴らしかったと思います。
 「もう卒業だけど、ゼハート来たのいつだっけ?」というそんなに真剣にみていない視聴者(つまり私)の疑問を一瞬で解決してしまいました。
 それだけに、アセムのせいでへまをやらかしたあの憲兵さん可哀そう。
 でも、講堂の周りに部下用意しとけよ……
 相手がMS持ってるのわかってんだからMSも配備しとけよ……
 さらに、1機以上いることもわかってるんだから、どちらかは部下に任せてとりあえずゼハートは捕まえろよ……
 っということを考えると自業自得か。





 無人で動いていたゼダスR。
 何気に重要な描写のような気がします。
 無人でどこまでできるのかよくわかりませんが、これまでのヴェイガンのMSは必ずしも有人だったわけではないと考えていいのでしょうか?
 それとも戦闘は無理だったりするのでしょうか。
 ってういうかゼハートはトルディアに何しに来たんでしたっけ?
 本編の描写では分からなかったのですが、16〜18話の1年半の間に戦闘はどれくらいあったのでしょう?
 ゼハートの「やはりまだ、このコロニーに!?」という台詞を考えると、根気あの戦闘は久しぶりなのでしょうか?
 潮時とか、故郷の惨状忘れてないとか言って、1年半学園生活を満喫していたわけじゃないよね、ゼハート君?





 Gエグゼス登場。
 初登場時は走っていますが、ラストでは跳んでいました。
 どっちが早いんだ?
 そしてどっちが無駄な動きなんだ?
 ウルフはちょっとドスの利いた声になっています。





 AGE-1VSゼダスR。
 最初に突っ込むAGE-1がかっこいいですね。
 横滑りしてるだけなんでしょうが、ホバーのようになっています。
 ゼダスRはゼハートについてこれていないらしいですが、アセム(素人。少なくとも格下)が乗ってるのは改修された25年前のMS。
 ヴェイガンの技術の優位性はもうないのか?
 そして安定のロマリーワープ。
 ロマリーがヴェイガンにMS等の技術を与えた連中のスパイで、ワープの能力を使って、アセムとゼハートを監視してます、と言われても信じるレベル。
 もう少しだけ、時間と距離と早さに気をつけてあげて……





 来週はついにAGE-2が出るようです。
 それなりに戦えてますから、別に乗り換える必然性がないような……?










HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)

HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)

HG 1/144 AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)

HG 1/144 AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)