読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第五話 「銃爪(ひきがね)はお前が引け」 感想

機動新世紀ガンダムX

 またもやタイトルはジャミルの台詞です。
 現在5話中3話がジャミルの台詞です。





 ヴァサーゴVSガンダムX
 ガンダムXには、あまり使わない装備、ショルダーバルカン装着。
 ですがあっさり、シャギアによって破壊されます。
 夕焼けの中空中につりさげられ運ばれる、MAグランディーネ。
 どこかEVA参号機を彷彿とさせます。
 かっこは悪いですけど、いかにも中ボスって感じがして、結構好きです。
 立体化がほぼ不可能なため、スポンサーのバンダイのウケは悪いでしょうが、こういったMAはたくさん出て欲しいです。





 Bパートからはアシュタロンが加わります。
 が、ガンダムXにはエアマスター、レオパルドが加わります。
 戦闘がもう少し動いてくれれば面白いんでしょうけど、地味とかそれ以前に作画枚数が少ないです。
 そこへグランディーネからの砲撃。
 シャギア「どうやらティファを渡すタイミングが早すぎたようだ」
 ……なんでしょう、このカッコ悪さは。
 さらにサテライトキャノンの照準合わせで動けないGXに後ろから、ヴァサーゴ、アシュタロンは攻撃をしかけますが、エアマスター、レオパルドによって阻止されます。
 わざわざ、ガンダムのアイカメラを光らせる演出で恐怖を煽った分、失敗の情けなさも倍。
 ……あれ?フロスト兄弟ってこんなにかっこ悪かったんでしたっけ?
 子供のころの印象とは大分違います。
 ジャミルのコクピット恐怖症で「手の震えが止まらん」という台詞はシャアの「手の震えが止まりません」のオマージュなんでしょうか?考えすぎでしょうか?
 そして本編2度目のサテライトキャノン発射により、グランディーネを撃破し、ティファを救出。
 これで「アルタネイティヴ社編」は終了です。




今回の名台詞:
ウィッツ・スー「失せやがれ、ゲテモノガンダム!」

 本当はガロードジャミルの会話を挙げるべきでしょうが、この台詞なくしてガンダムXは語れません。