読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

「鉄血のオルフェンズ」第45話『これが最後なら』感想

鉄血のオルフェンズ

アバン

 もうラスタルアリアンロッド艦隊との戦闘が始まっており、それなりに時間が経っているようす。

 レギンレイズ・ジュリアがモブ相手にようやく活躍したと思ったら、結局三日月に阻まれていました。

 デザインは鉄血の中では一番好きかもしれないのですが・・・

 

 

 

ダインスレイヴ隊

 一気に革命軍の半数がやられたそうです。

 ライザは最後までモブっぽかったです。(どれだけの人が名前を憶えているのか)

 ゲームのこのステージは絶対難しい(面倒くさい)と思います。

 

 

 

シノ

 スーパーギャラクシーキャノン(ダインスレイヴ)。

 今回はダインスレイヴが大活躍する回です。

 もう絶対死ぬだろ、と誰もが思うくらいフラグを立てまくっていましたが・・・

 ――直接狙わずとも、ラスタル艦にあてるだけでも落とせたんじゃないかというのは野暮か。

 一応貴重なパイロットスーツのバイザーをちゃんとおろしているシーン。

 

 

 

艦隊突撃

 「それで確実に落とせるなら・・・」とはクロスボーンガンダムの弁。

 でも大抵の漫画・アニメではうまくいきます。

 

 

 

ガエリオVS石動

 良くも悪くもマクギリスにひかれた男たちの戦い・・・と燃えるシチュエーションなのに短い。

 キマリスヴィダールも初お目見え。

 ガンダムフレーム>ヴァルキュリアフレームなようです。(そりゃそうか)

 

 

 

 もう予告はないのでしょうか?