読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第十八話 「Lorelei(ローレライ)の海」 感想

 アバンは「L作戦」の解説。
 前回から少しずつ連邦が出てきています。
 Aパートでは新たなオルクが登場……したと思ったら、オルバのアシュタロンにつかまってしまいます。
 久々のフロスト兄弟です。
 横からちょっかい出さなくなってありがたいと思ったら、お話自体が地味になってしまって、逆に出てきてくれてちょっと嬉しかったりします。
 うーん、難しい。
 そしてルチルをオルバがサルベージして前半は終了。



 Bパートではフリーデンはローレライの海へ向かいます。
 迎え撃つはオルバ。
 これでフロスト兄弟は本編中で、シャギアはアルタネイテヴ社、オルバはローレライの海、と一回ずつソロで活動をしたことになりました。
 GXは水中用のハイパーバズーカ装備で出撃。
 こんな装備完全に忘れていました。
 GXのガンプラは1/144しか持っていませんでしたが、それには付いていませんでしたし、ガンダムウォーでもカード化されていません。
 今度のオルクの主要MSはドーシートⅢ、前回まで出ていたドーシートからパワーアップしていますが……Ⅱは……?
 ジャミルの初恋の相手、ルチルがティファの体を借りて登場。
 MSの動きを止めるあたり、カミーユ並のニュータイプ能力があると考えることもできます。
 しかし、宇宙世紀とアフターウォーではニュータイプの定義が異なるためこういった議論は無駄かもしれません。
 次回はフラッシュシステム登場と「ローレライの海編」の最終回。
 ……やっぱり盛り上がりに欠けます、ローレライの海編。




今回の名台詞:
テクス「おかげで助かったよ。詩の続き……覚えてなかったんだ

 ハイネの詩を読んでいたところに、キッドか明りを消して驚かせたことに対して。
 ドクターがかわい過ぎる……










機動新世紀ガンダムX 感想 まとめ - ガノタのチラシの裏
G-SELECTION 機動新世紀ガンダムX DVD-BOX 【初回限定生産商品】HGAW 1/144 GX-9900 ガンダムエックス (機動新世紀ガンダムX)1/144 ガンダムX アシュタロン