読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

「鉄血のオルフェンズ」第42話『落とし前』感想

バルバトスルプスレクス初陣

 モブとの戦闘でしたのでいまいち盛り上がらず。

 ヴィダールの時もそうでしたが・・・もったいない。

 背中のスラスターかと思ったものは、鞭(尻尾)のように使えるようです。

 ハッシュ君もいつの間にやら、三日月に戦況を任せられるくらいには成長していたようですが、戦闘が少ないので急な印象。

 

 

 

ザック・ロウ

 言っていることは間違っていませんが、もうあと数話しかない状況でこういう話はやめてくれ・・・

 むしろなんか躊躇いがあって死ぬフラグなのか?

 

 

 

ジュリエッタ

 ヤマジン・トーカにうまく誘導されてる?単に話してただけ?かよく分かりませんが、阿頼耶識になるのでしょうか?

 

 

 

ジャスレイ

 ラスタルがまともだったせいで、援護を得られず。

 アニメ的すぎるとはいえ、展開としてはこれをきっかけにラスタルとマクギリスの全面戦争のきっかけにすればよかったのに・・・

 ――と思ったらモブキャラが立ち上がってました。

 力不足感が否めませんが、本編ではラスタルも特に何もしていないようなものなので・・・

 

 

 

 ようやくマクギリスとラスタルの戦いが表面化しました。

 まさかここまでかかると思っていなかったのでびっくりですが、終わりに向けて動き出したなという印象をようやく持つことができました。

 予告ではバルバトスとヴィダールが戦っていましたが・・・?