読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

「鉄血のオルフェンズ」第41話『人として当たり前の』感想

ラフタと昭弘

 ほぼAパートは彼らの話。

 面白いけど、話が進まないのだけが気がかりです。

 ――と思ったらBパートで一気に話が進みました。

 

 

ジャスレイ

 これでテイワズ鉄華団も終わりのようです。(テイワズそのものも?)

 そして逆にマクギリスと鉄華団との結びつきが強くなったようです。

 物語の終わりが、ギャラルホルンを治めるマクギリスと、火星を治める鉄華団でないのは間違いないでしょうが、どうなるのかよくわかりません。

 大きな戦争が最後まで起きなかったTVシリーズのガンダムは初だと思うのですが、どう風呂敷を畳むのか気になるところです。

 少なくとも2期ではもっとマクギリスとラスタルの争いを水面下ではなく露骨に押し出したほうが、わかりやすく面白くなったと思います。

 

 

 

 ラスタル追悼回でしたので、あまり語ることはありません。

 来週はついにバルバトスルプスレクスの初陣のようです。

 遅い。