読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

機動戦士ガンダムUC episode7「虹の彼方に」冒頭7分 公開

「機動戦士ガンダムUC」 | バンダイチャンネル






 ついにep.7の冒頭映像が公開されました。
 これが公開されると、毎度もう少しだな、という気持ちににさせてくれます。
 私自身もチケットを手に入れあとは前夜祭を待つばかり。





 前回ラストは、フルアーマーユニコーンVSバンシィ・ノルンでしたが、そのまま続きというわけではなく、(おそらく)『カフカスの森』へ向かうマーサとローナン。
 注目すべきはアルベルトが同行している点。
 小説版では、リディと共に宇宙へ上がっていましたが、アニメ版ではリディが単独行動をとっているため、ep.6の時点では何をしているかよくわかっていませんでした。
 こういう変化をしてきたことを考えると、小説版のように間接的にではなく、直接アルベルトがマーサに刃向うのかもしれません。
 何気に、ゼータプラス、グスタフカールが早々に登場。
 単純にこれだけの可能性もありますね。





 ローナンがカイに助けを求めるシーンはカットされてしまいましたが、コロニーレーザーの情報をブライトに伝える役目がカイなのは変わらず。
 まぁ、カイならなにはなくともマーサ、ローナンの動きを知っていてもおかしくないだろうとの判断でしょう。





 タイトルコール。
 今までよりも重厚なイメージ。
 曲は『UNICORN』のアレンジ。






 場面変わってようやくフルアーマーユニコーンVSバンシィ・ノルン。
 よく動くというか、ちょっと動きを出すために回転しすぎのような。
 リディは、アルベルトの力を借りずともバンシィをデストロイモードにすることができましたので、小説版よりちょっと強いかもしれません。
 同時進行中のネェル・アーガマの戦闘では袖付のヤクト・ドーガ、量産型のリバウが登場。
 正直、シュツルム・ガルスなどという謎の新型だすより、こっちの情報を先に公開してくれたほうがテンション上がったかもしれません。
 リバウは指揮官機(専用機)が赤、量産機が緑と何気に本家バウを踏襲しています。





 とりあえず冒頭はこれまで。
 あと83分!