読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第20話「赤いモビルスーツ」感想

 今週は結構面白かったと思います。
 しかし、毎回今週は良かった、悪かったというのもなんだかアホらしいですね。
 他の作品でもそういうものですが、AGEの場合、「観れるレベルだったか否か」という意味が強いからでしょうか?
 まぁ、いい年したおっさんの戯言です。





 デシル登場
 フリットは老けましたが、コールドスリープのおかげでフリット程は老けていません。
 他にもXラウンダーはいるような台詞がありましたので、今後もXラウンダーが出てくるのでしょう。
 それにしてもデシルから漂う小物臭がすごい。





 ヴェイガンの戦艦
 すごくダサいし、CGにもやる気が感じられない……
 どうせ立体化されることはないでしょうから、そんなに凝ったものにする必要はないとはいえ……
 そしてみんな立ったまま作業するのは25年前と変わらず。
 名もなき兵士の皆さんは大変そうです。





 新型ゼイドラ登場
 よくわからないマスクを着けさせられるゼハート君。
 Ζでなにもつけてなかったハマーンが、ΖΖで変なかぶり物を着けたようなものか。
 仮面を着ける理由の説明があったのはガンダムシリーズでは珍しいかも。






 岩礁宙域の戦闘
 制限のある戦闘は好きです。
 シャアのオマージュがやりたくて、足場を用意したかったのが見え見えなのは難点ですが。
 そして、そのシャアザクのオマージュ、ゼイドラは3倍の速度で接近。
 これだけであっさり言われると、「後続機の3倍」として「何に対して3倍か」どのように示すかで悩んだシナンジュ(というか福井晴敏さん)がちょっと可哀そう。
 脚本家と小説家の考え方の違いでしょうか?
 もっとも結果は「3倍か、シャアのオマージュね、はいはい」となるのはどちらも変わらないのですが。
 Bパートの冒頭の戦闘ではバクトが映っていたように思います。
 25年間ずっと現役なのでしょうか?





 ゼイドラ VS AGE-2
 ゼイドラのビームサーベルビームライフルから伸びるタイプのようです。
 見た目は大分違いますが、クロスボーンガンダムのザンバスターみたいなものですね。
 ゼイドラが動く姿をみて思ったのですが、こいつシナンジュに似てませんか?
 やたらと凹凸があるところとか。
 プロペラントタンク付けたらシルエットがそっくりな気がします。
 おかげで、どうしてゼイドラのデザインが好きになれないかわかりました。
 もし私がシナンジュを好きだったら、こいつも好きになれたかもしれません。
 戦闘自体は気合の入った作画。
 一部乱れているのは、演出でしょうか?
 それでも00の方が「迫力は」あったと思えるのは絵柄の問題か、好みの問題か。
 演出は、最近だとユニコーンで使われた軌跡を線で描く方法や、ガンダムMK-ⅡVSマラサイビームライフル激突(実際はあり得ないんでしょうが)、シャアザクのキック(見た目のせいでシナンジュっぽい)等々、オマージュてんこ盛り。
 新しい演出を組み込むのは大変なんだなぁと感じさせてくれます。






 アセムの敗北
 これにて今回は終了。
 これでアセムが覚醒する展開ですね。
 王道ですが、もって行き方次第では盛り上がりそうです。






 次回もこの調子でお願いしたいです。









 

HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)

HG 1/144 AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)

[rakuten:amiami:10309241:detail]
MG 1/100 MSN-06S シナンジュVer.Ka (機動戦士ガンダムUC)

MG 1/100 MSN-06S シナンジュVer.Ka (機動戦士ガンダムUC)