読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 第五話「強化人間(Cyber Newtype)」 感想

機動戦士Ζガンダム

 前話までのまとめ

メインキャラクター
ヴァン・アシリアイノ
 地球連邦の士官候補生だったが、「30バンチ事件」のビデオテープを手に入れたことから、ティターンズに追われることになった。現在はケウラノスでジム改のパイロット。

ダニカ・マクガイア
 同じく地球連邦の士官候補生。ヴァンがティターンズから逃亡する手引きをする。ケウラノスでシオイハイザック[アイリス]に乗っている。

アーネスト・マクガイア
 ダニカの兄。士官学校教官助手だったが、ティターンズのライネス大尉のもとに配属される。ジム・クゥエルのパイロット。ヴァンと敵対する決心を固めた様子。



ウラノス
フォルカー・メルクス
 ケウラノスザンジバルの改修型)の艦長。

ルシアン・ベント
 ケウラノスのMS隊長。ヴァンを助けた白いハイザックに搭乗していた。現在はハイザックをダニカにゆずり、ジムキャノンⅡに搭乗している。

ロープス・アキヤマ
 ケウラノスのメカマン。ロックミュージシャンのような格好をしている。元は連邦にいたが、リストラされたところをアナハイム・エレクトロニクスの中年男にスカウトされてケウラノス配属になる。ケウラノスにいる理由が“家族への愛“としか書かれていない上、すんなりいきすぎているのが怪しい。



ティターンズ
ヒューイッド・ライネス
 大尉。ケウラノスを追うティターンズジム・クゥエルに搭乗。まじめな性格っぽい。

ヒンカビー
 少尉。ザクⅡ強硬偵察型に搭乗。

オビノ
 少尉。ジム・クゥエルに搭乗。負傷して入院。再び登場することはあるのだろうか……

アルベール少佐
 ライネス大尉の上官。いまのところ特に語ることはない。



オークランド研究所
UF
 強化人間。名前はUnfinishef Cyber Newtypeの略。後半で多分死ぬ……強化人間だから(笑)




ライナー・ハウプマン
 海兵隊で殺し屋。中尉。一年戦争時ヴァンたちを助けて死んだジオン兵。その際は連邦のハビエル伍長の名前を名乗っていた。第零話で出てきたが、ポジションのわからないキャラクター。なんの伏線?

ハビエル
 伍長。一年戦争時ハウプマンと出会うが死亡する。生い立ちなどを話していたがその場面はハウプマン視点で客観的な視点ではないのでブラフかも。

「ADVANCE OF Z 刻に抗いし者」第五話『強化人間(Cyber Newtype)』 | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト
 今回の新MSは『RGM-79C ジム改[ワグテイル]』。
 ヴァンのジム改です。
 設定画はそうでもないかもしれませんが、表紙のカラーをみると、肩がかなり印象的です。





 今回も冒頭のモノローグチックなところはなく、本編が始まっています。
 つまりはメインキャラクター(及びその伏線)がおおよそ出そろったと考えていいのでしょうか?
 今回はティターンズ、それもアーネストとロスヴァイセの二人の交流がメインです。
 途中ヴァンとダニカのシーンもありましたが、あれは対比になっているんでしょうか?
 ロスヴァイセと言うのは、前回登場した強化人間です。
 アーネストの活躍でUFではなく、ロスヴァイセ(白馬の行戦乙女)と呼ばれるようになりました。
 交流云々書きましたが、今回はロスヴァイセかわいいよロスヴァイセの一言で片づけてしまってもいいかもしれません。
 敵を感じる能力も見せてくれましたし、(アーネストの力もあり)今現在のところ精神的に不安定になることもなく、通常のニュータイプと変わりません。
 しかし、どんなに安定していても彼女は強化人間(しかもフォウやロザミア以前の)ですから、いずれ悲劇が待っているのは間違いないでしょう。
 その点で、マーフィー小隊と並んで、単純に悪行ばかりティターンズとして書かれていない部隊に配属されているのが、後の衝撃を高めそうです。





 入院しているオビノ少尉の元へ、ライネス大尉が見舞いに行き、「30バンチ事件」のビデオを渡すという出来事もありました。
 半分冗談めかして、まとめのところに「再登場はあるのか?」と書いていたのですが、ありました。
 しかも書き方的には、さらに今後登場する可能性もありそうです。
 上でも書きましたが、(単純な善悪がないのがガンダムとはいえ)ティターンズがいい人として書かれているのは、今作の大きな特徴だと思います。
 しかも、期せずして事件に関わっていたマーフィー小隊と違い、ライネス大尉は「30バンチ事件」を知った上で、軍人としての行動として現在の立場を選んでいます。
 この違いがどう出てくるのか本当に楽しみです。
 次回は久しぶりにケウラノスニコシア(現在のライネス達の母艦)の戦いがみられるようです。










ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 感想まとめ - ガノタのチラシの裏

HGUC 1/144 RGM-79C ジム改 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

HGUC 1/144 RGM-79C ジム改 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)