読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 第二話「まだ戦争じゃない」 感想

「ADVANCE OF Z 刻に抗いし者」第二話『まだ戦争じゃない』 | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト
 第二話です。
 主人公が母艦にたどり着き最初の戦闘をするという王道的展開。
 ひねりはありませんが分かりやすくていいです。
 主人公の母艦を中心として話が展開していくのでしょうか?
 00はそういった展開ではありませんでしたし、ユニコーンはそう見せかけてあえて外してきましたから、こういうのは久しぶりです。





 冒頭は今回の(目先の?)敵キャラクター、ティターンズのヒューイッド・ライネス大尉(当時中尉)の一年戦争時の回想シーン。
 TINコッドVSガウ、ドップという航空機同士の戦い。
 本編では地味すぎて絶対にあり得ない組み合わせです。
 解説によると、ドップはTINコッドよりも小回りが利くそうです。
 最終的にはザクⅡ+ドダイYS4機が現れたところで回想は終了。
 はっきり書かれていませんが、撤退を余儀なくされたのはあきらかなようです。
 というかこの登場機体の選び方はギレンの野望の序盤みたいです。






 メインとなる、ヴァンとダニカのパート。
 前回のダニカの行動のいきさつが語れれますが、ダニカが連絡をとった「組織」に言及がないので、読者的にはあまり意味がありませんでした。
 カラバでしょうか?エゥーゴでしょうか?
 いずれにせよ読者が知りたいのはその「組織」がなんなのかということと、どうやってダニカがそのコネを得たのか?ということなのでやきもきさせてくれます。
 そして件のケウラノスは「組織」とスポンサーが同じだそうです。
 スポンサーはアナハイムエレクトロニクスともルオ商会とも考えられるので、結局「組織」がなんなのか分からないのはかわりません。
 ケウラノスザンジバルの改修型の戦艦、艦長はフォルカー・メルクス、MS隊長はルシアン・ベント、艦内は人手不足、多分今はこれだけ覚えておけば大丈夫でしょう。





 ケウラノスを追うティターンズはライネス大尉のジムクゥエル、ヒンカビー少尉のザクⅡ強硬偵察型、オビノ少尉のジムクゥエルという3機編成。
 やっぱり注目してしまうのは「ザクⅡ強硬偵察型」ですね、なんてマニアックなチョイスなんでしょう。
 対してケウラノスは、ダニカの前回の白いハイザック、ルシアン隊長のジム・キャノンII(ケラウノス所属機)を囮役にします。
 ルシアン隊長のジム・キャノンII(ケラウノス所属機)はイラストがついています、一般的なジム・キャノンIIよりもスマートといったところでしょうか?
 ダニカはこれが初陣。
 ライネス大尉たちは艦から離されてしまったため、いったん撤退。
 冷静なタイプの敵キャラクターのようです。





 今度はジム改が組み立てられ、ヴァンが乗ることに。
 主人公が士官学校にいるおかげで、MSに乗る乗らないで揉めて時間を浪費されないのは、話のテンポが乱されなくていいですね。





 ライネス大尉は、シェルターからケウラノスが出る隙を利用して、ケウラノスのブリッジを抑えます。
 途中で前回ハイザックに乗っていたいたのがジム・キャノンⅡに乗っていると気づきます。
 こういう演出は分かりやすい強さを伝える表現ですね。
 そこでヴァンはカメラのデータを直接ライノス大尉に渡すことにし、ライノス大尉が映像に衝撃をうけ、今回は終了。
 「30バンチ事件」のことを知って衝撃を受けたキャラクターといえば、エマ・シーン中尉が挙げあられます。
 彼女はこのことによって、ティターンズからエゥーゴに鞍替えすることになりましたが、ライノス大尉はどうするのでしょうか?
 基本的にいい人みたいなので、寝返る要素はありますが、部下2人がいることがどう転ぶのか楽しみです。
 次回はついにヴァンの初陣が見られそうです。
 なんとなく私は地味ですが王道を行く、こういうガンダムが好きなのかもしれません。
 ただ、やっぱり読みづらいので早く単行本を出してほしいです。










ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 感想まとめ - ガノタのチラシの裏
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2010年 12月号 [雑誌]機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 アドバンス・オブ・Z機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 下巻 アドバンス・オブ・Zティターンズの旗のもとに〈上〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)
HGUC 1/144 RGM-79Q ジム・クゥエル (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)