読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 第一話「刻は動き始める」 感想

「ADVANCE OF Z 刻に抗いし者」第一話『刻は動き始める』 | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト
 結論からいうと、面白かったです。
 次回更新が楽しみです。



 冒頭はジム・クゥエルに焼きつくされた村に立ち寄った元ジオン兵のフォルカー・メルクス少佐のシーンから。
 この時代にジム・クゥエルは欠かせませんね。
 ジム・クゥエルといえば、本編中では「0083 STARDUST MEMORY」のラストに一瞬しか登場していませんが、ゲームなどで登場し地味に人気のあるMSです。
 設定上、初期のティターンズの主力MSでしたので、「ティターンズの旗のもとに」にも登場していました。
 作品の中で活躍するシーンが描かれるのは「ティターンズの旗のもとに」が初でしたので、「ティターンズの旗のもとに」最大の功績は、ジム・クゥエルを活躍させたことだと思っています。
 メルクス少佐が搭乗するのは、本文中では名称は出ていなかったように思うのですが、紹介のページに出ていた、ハイザック(ケラウノス所属機)だと思います。
 味方機はジム・キャノンⅡに登場していました。
 こちらは「0083」で、チャック・キースがのっていましたね。
 「ギレンの野望」では、連邦側の勢力が第2部序盤でよく量産してきます。
 「ケラウノス」という組織がどういったものかは現状不明ですが、元ジオンという経歴を考えると、エゥーゴと協力することになりそうです。



 場面は変わって主人公ヴァン・アシリアイノの士官学校のシーンになります。
 模擬戦でアーネスト・マクガイアと戦っていました。
 現状ではMSの操縦技術は、ヴァンがアーネストよりもダニカよりも低いようです。
 「宇宙に上がってそれっきり」っと前回書かれていたヴァンの父親は、「デラーズ紛争」でコンペイ島で亡くなっていました。
 アナベル・ガトーの「ソロモンよ、私は帰ってきた」の名台詞とともに、サイサリスのアトミックバズーカで葬られたうちの一人だったようです。
 そんなヴァンですが、休暇で実家に戻った際に、父宛てのカメラのデータを受け取ります。
 そこに移っていたのは「30バンチ事件」のティターンズの行いだった……
 という特にティターンズに対しては悪印象は持っていないという違いはあれど、カミーユを思わせる展開になっていました。



 それに対してアーネスト・マクガイアはティターンズ入りを志望しています。
 推薦文をお願いする際に

「力が欲しいのです。弱者は強者に蹂躙されてしまいます。弱者が強者に抗い、その意思挫いたとしても自らの命を落としては何にもなりません。生き延びてこそ未来があるのです。だからは私は力が欲しい。地球を守り、自分が生き残れる力が」

と言っていました。
 理由はかなり違いますが、力を求めていた、っという点ではジャリドを彷彿とさせますね。
 「30バンチ事件」の真相も知らないようですし、純粋な気持ちで入って幻滅する展開でしょうか?
 っとすると、ヴァンVSアーネストが後に見られるかもしれません。
 ベタですがこういうストーリーは燃えますよね。



 「30バンチ事件」の映像を手に入れたことをティターンズに知られてしまったヴァンはティターンズに尋問され、移送される際中にダニカの手引きで、白いハイザック(恐らく序盤で登場したフォルカー・メルクス少佐の機体)に助けられ、今回は終了。
 いい終わり方です。
 次回を楽しみに待ちたいと思います。










ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 感想まとめ - ガノタのチラシの裏
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2010年 11月号 [雑誌]機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 アドバンス・オブ・Z機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 下巻 アドバンス・オブ・Zティターンズの旗のもとに〈上〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)ティターンズの旗のもとに〈下〉―ADVANCE OF Z (メディアワークス文庫)
HGUC 1/144 RGM-79Q ジム・クゥエル (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)