読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第十九話 「まるで夢を見てるみたい」 感想

機動新世紀ガンダムX

 「ローレライの海編」最終回です。
 まずはルチルの生い立ちについて。
 最終的に精神崩壊したというのは、やっぱりカミーユのオマージュなんでしょうか?
 ガンダムXはファーストの影響を受けているのは間違いありませんが、ここだけΖガンダムなので、偶然の可能性も一応あります。
 Aパートはガロードの計らいで、ジャミルがGXで出撃して終了です。



 Lシステムは、ニュータイプでも増幅装置がなくては使えないそうです。
 さっそく取り外されルチルが無力に。
 そしてオルバの援護に新戦艦ドリテアでアイムザットとシャギアが現れます。
 新連邦はこれが初登場になるわけですね。
 大量のドートレスを伴っての登場は、ΖガンダムでアクシズのグワダンがガザCの大群と現れたのを思い出させます。
 ジャミルが出撃してしまったのでフリーデンの指揮はガロードがとることに、こちらはΖΖガンダムのラストでブライトの代わりにビーチャがネェル・アーガマの指揮をしたのを思い出させました。
 Gジャネではビーチャの指揮範囲が狭くて毎度苦労した覚えがあります。
 ルチルの援護で、ジャミルがフラッシュシテムを起動させたことにより、新連邦は撤退し今回は終了。
 圧倒的ではないか、フラッシュシテムは!
 確かにひとりであれだけのMSが使えればニュータイプが危険視されるのもわからなくもないです。
 今回残念だったのはティファの作画が微妙だったことですね。
 数少ないルチルの登場回なのに……
 次回はエニルのエピソードです。




今回の名台詞:
ガロード「今回はあんたが出なよ。きっと、あの人も待っている」

 ジャミルの思いを察したガロードの粋な計らいです。
 ガロードの成長の後が見えます。
 それとロアビィの「うるせぇなぁ!」も好きです。
 同じくジャミルの気持ちを察したロアビィが、帰郷して恋人が死んでいた自分の気持ちを重ねて、サラに対して珍しく声を荒げるシーンです。










機動新世紀ガンダムX 感想 まとめ - ガノタのチラシの裏
G-SELECTION 機動新世紀ガンダムX DVD-BOX 【初回限定生産商品】HGAW 1/144 GX-9900 ガンダムエックス (機動新世紀ガンダムX)GUNDAM FIX FIGURATION #0033 ガンダムX