読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第十七話 「あなた自身が確かめて」 感想

 前回のラストでサテライトシステムの光を見たことをガロードジャミルに伝えることから始まります。
 会話の中で月面基地との最初のアクセスに、フラッシュシステムが必要、すなわちニュータイプがいるかもしれない事がわかります。

かくして準備を整えたフリーデンは太平洋へと出航した。海上都市セインズアイランドでの物資の売買が目的ではあったが、それがニュータイプに出会うため旅であることは、明らかであった。だがそれは危険な船出でもある。この時代の海は陸以上に無法地帯であったからだ。

 舞台が本格的に海へと移ります。
 ドーザ・バロイのドルフィンナビゲーションが登場。
 通常のレーダーが使えない中で、イルカの位置確認能力を利用したレーダーらしいですが、生きたイルカの脳を使っているらしい、えげつないシステムです。
 平和な世の中だったら市民団体がうるさそうですが、世が世なことを考えるとドーザ・バロイは発明の才がありそうです。



 GX、エアマスターVSドーシート
 ドーシートは対空魚雷も装備しているようです。
 顔はバイザー型なので、ドートレスのバリエーシンですが、ポジションはやっぱりズゴックです。
 っというかエアマスターって実弾装備ついてないんですね。
 ……囮か、母艦を落とすことにしか仕事がないのか……。
 対してGXのハモニカ砲は高出力のため、水中でも使用可だそうです。
 水中用に換装したレオパルドが登場し、形勢逆転しドーザ・バロイ戦は終了。
 うーん、やっぱり「ローレライの海編」は地味ですね。
 ただでさえ戦闘が地味なガンダムXなのに、水中としょぼい敵MSというのが地味さに拍車をかけています。
 話自体はよくできていると思うのですが、残念です。





 ところでティファの白いイルカとの会話で

「人間はあなたたちと違って殺し合いのできる生き物なの」

 というのがあるのですが、イルカって種類によっては同種で殺し合ったり、いじめがあったりしますよね。
 チンパンジーや人間もそうですが、知能が高い生き物というのは、同種で殺し合いができるということとだ、というのはなんだか悲しいですね。
 ……っとか言ってみたり。










機動新世紀ガンダムX 感想 まとめ - ガノタのチラシの裏
G-SELECTION 機動新世紀ガンダムX DVD-BOX 【初回限定生産商品】HGAW 1/144 GX-9900 ガンダムエックス (機動新世紀ガンダムX)HGUC 1/144 MSM-03C ハイゴッグ (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)HGUC 1/144 MSM-07E ズゴックE (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)