読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

第十話 「僕がニュータイプだ」 感想

機動新世紀ガンダムX

 今回から「フォートセヴァーン編」。
 アバンは完全新作になりました。
 ついにやってくれました。
 そしてカリス・ノーティラス登場。
 声は水谷優子さん。
 ガンダムでは、Ζガンダムサラ・ザビアロフΖΖガンダムのミリィ・チルダー、Gガンダムのブラックジョーカー役などで出演しています。
 GXの改良の話。
 ディバイダーの伏線です。
 当時ガンプラとしても発売されており、「サテライトキャノン」が「ディバイダー」になっただけで、後は同じというバンダイらさんしい売り方でした。
 フリーデンにビリヤード等の設備を入れるロアビィ。
 後にテクス先生のお茶目なシーンがみれます。
 ガロードとティファを見守る、ロアビィ、ウイッツ、テクスの3人。
 平成ガンダムのでは子供がパイロットであることが多いですので、少し年齢の高いロアビィ、ウイッツがいるGXならではと言えるシーンかもしれません。
 パトゥーリア登場。
 動き出すのはもう少し先です。





 Bパートはエニルのシーンから。
 「フォートセヴァーン編」はエニルにとっても、一つのターニングポイントになります。
 そしてカリスのベルティゴが出現し、ガロードのGXと戦います。
 ベルティゴは立体化されなかった可哀そうなMSです。
 デザインは悪くないと思うんですけど、G、W、Xの3作はガンダムタイプ以外ほとんど立体化されていませんからね。
 「ビット」登場。
 フラッシュシステムのビットMSは1話から出ていますが、宇宙世紀でおなじみの形で出てくるのはこれが初めてです。
 ベルティゴがGXにビームサーベルを突き立て今回は終了です。
 主人公の初敗北という、つかみとしてはいい感じのスタートだと思います。




今回の名台詞:
ジャミルニートガロードは敵と戦っているのではない。あいつはニュータイプという言葉と戦っているんだ。」

 ガンダムを作る側にとってのメタ発言ともとれる台詞。
 昔ながらの人はニュータイプ論とか好きな方が多いですし、最近のファンの方はニュータイプ(笑)って感じでしょう。










G-SELECTION 機動新世紀ガンダムX DVD-BOX 【初回限定生産商品】HGAW 1/144 GX-9900 ガンダムエックス (機動新世紀ガンダムX)GUNDAM FIX FIGURATION #0033 ガンダムX