読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG パーツA

 観ました。
 戦闘がよく動いたのでびっくりです。
 多分ユニコーンとさほど変わらないレベルだと思います。
 というか意外に面白かったです。
 日曜日の朝とかに放送すれば、ガンプラの促売になるんじゃないんでしょうか?





 ガンプラバトル。
 「戦場の絆」みたいな装置に乗り込んで、行っていました。
 私より少し前の世代は、「プラモ狂四郎」を私の世代では「プラモウォーズ」を思いだすと思います。
 登場MSはビギニングガンダム、Hi-νガンダム、ザクⅠ・スナイパータイプ、ドム、バウ、アッシマー
 新たにバウのガンプラが出るわけでもないのに「バウ」をチョイスするセンスに脱帽。
 ユニコーンで初めて描かれたという(オーディオコメンタリー参照)、ファンネルの収容シーンがHi-νガンダムで再び映像化されました。




今回の名台詞:
コウジ・マツモト「パチリというまでハメないから!」

 ガンプラを作る上での注意事項(笑)と、ガンダムっぽい台詞回しが合わさったいい台詞です。
 ちなみに声はシャムス・コーザ、ティエリア・アーデ役の神谷浩史さんです。
 パーツはしっかりとはめましょう。






 ところで、
 パーツをランナーを少し残して切るのを知っているのに、シールをピンセットで貼らないのはなぜなんだ!?
……ニッパーしかもらってないだけですね。



















 そういえば、ガンプラつながりということで先日届いたRGガンダムですが、細々とつくってます。
 パーツ数が多くて組み立ては大変なのですが、その分すごいクオリティです。

 なんとこれ素組のままです。
 おそらくガンプラを一度でも作ったことのある方は、色分けのすごさがわかっていただけると思います。
 っというかガンプラを一度でも作ったことのある方は是非、ガンプラの技術の進歩をRGガンダムで味わってほしいです。