読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

鋼鉄の7人 第14話|砕けゆく宇宙 感想

 ほぼ、トビアVS光のカリスト

 「鋼鉄の7人」のラストバトル。

 光のカリストの予想に反し、ムラマサブラスターを当てつつ、光のカリストのビームをIフィールドで防ぎ、ビーコックスマッシャーを当てるトビア。

 ビーコックスマッシャーの攻撃はビームなので、フルクロス動揺Iフィールドを搭載した光のカリストには効かないが、戦闘自体は完全にトビアが圧倒している。

 エウロペいわく、守りを捨て攻撃に集中しているらしい。

 機体の負担が大きくマントが次々砕かれていき、ついには左足までももがれる。

 そして、フルクロスはムラマサブラスターをもった左腕をもがれるが、トビアは咄嗟の判断でアンカーを伸ばし、腕ごとムラマサブラスターをつかみ光のカリストを両断する。



 ちょっとわかりにくい文章になってしまいましたが、かなり戦闘が熱いです。

 おそらくされることはないでしょうが、ぜひ映像化されたものをみてみたいです。

 特にラストの左腕をもがれてから、光のカリストを両断されるところは、動いてこそ光るシーンだと思います。

 もしかしたら、11月発売のGジェネでムービーがあるかも知れませんが、SDよりっも通常のサイズでみたい気がします。

 まぁ、リアルとは程遠い動きですけどねw