ガノタのチラシの裏

ガンダムについて思いついたことを気ままにかいています。

Ζガンダム第47話「宇宙の渦」

 コロニーレーザーを奪おうとするエゥーゴ

 悪役のイメージがあるコロニーレーザーを主人公側が奪うガンダム全体でも珍しい回。

 

 

シンタ「ちゃんと戻って来いよ、カミーユ・・・」

カミーユ「シンタ、お前・・・何言ってんの、ファに面倒かけんなよ。」

 いきなりしんみりさせてくれます。この後カミーユはハイパー・メガランチャーを担いで出撃。ガンダムVSゼータガンダムではお世話になりました。

 

 

 

ハマーンキュベレイの発進準備だ。奴らのペースに乗せられすぎだ。見てはおれん。ミネバ様、このような場所に来られるとは。なぜこんなところにお連れした?」

ミネバ「ハマーン、どこに行くつもりだ?」

ハマーン「ミネバ様・・・」

ミネバ「気持ちがが悪いのだ。ザラザラする。どこにも行かないでほしい。」

ハマーン「ミネバ様の察しの良さには驚かされます。確かに今。我が艦はエゥーゴと交戦状態に入っております。」

ミネバ「そのことではない。以前グワダンで感じた、あの不愉快さを感じるのだ。久しぶりにシャアと会った時に感じた。」

ハマーン「ああ・・・(鳥肌が立っている。やはりミネバ様も感じていらっしゃるのか。)心配いりません。アーガマを沈めさえすればエゥーゴは舵を失った船も同然。あとはアクシズの意のままです。いざとなればシャアが協力してくれましょう。」

ミネバ「シャアか!頼りになる男だ。」

ハマーン「ここは危険です。どうぞお引き取り下さい。いずれ戦果をご報告に参ります。」

ミネバ「やはり出撃するのか、ハマーン。」

ハマーン「またお目にかかります。」 

 何気にニュータイプ能力の高いミネバ。何かの間違いで今後生かされることにならないことを祈ります。

 

 

 

カミーユハマーン・カーン、お前は戦いの意思を生む源だ。生かしてはおけない。

ハマーンニュータイプか。」

カミーユハマーン、お前は人を不幸にする!

ハマーン「俗物が私に!フフ。ここまでだろう俗物!ちっ。」

カミーユ「うっ・・・」

ハマーン「うっ・・・なんだ?」

エマ「ええ?」

クワトロ「この感覚・・・」

エマ「なんなの・・・今の・・・」

ハマーン「ここは・・・どこだ?」

カミーユ「誰だ?ファとも違う。ロザミィでもない。レコアさんか?おふくろ?まさか・・・でもずっと以前に出会っていたような・・・そんな気がする。」

ハマーン「シャア、シロッコだと?どういうことだ?これは・・・」

カミーユ「ん?おふくろ?おれじゃないか!?どうして・・・どうしてなんだ?ああ、うっ・・・ううっ。」

ハマーン「うっ、私だ。夢?しかし・・・うっ、ううっ」

カミーユ「同じものを見た。」

ハマーン「ただの記憶が・・・」

カミーユ「人は分かり合えるんだ。」

ハマーン「分かり合える?そういうことか?」

カミーユ「そうだ。」

ハマーン「気安いな。Ζ、私を迷わせたのは貴様か?」

カミーユ「はっ、夢だったのか今のは。やめろ、ハマーン。」

ハマーンよくもずけずけと人の中に入る。恥を知れ!俗物!

カミーユ「やめろ!僕たち分かり合えるかも知れないだろ!ここに来るまで・・・」

ハマーン黙れ!貴様もシャアと同じだ。貴様は確かに優れた資質を持っているらしいが無礼を許すわけにはいかない。

カミーユ「ううっ!」

ハマーン「死ね!何!?」

カツ「サラ、これで敵を討てるぞ!」

ハマーン「ネズミが!」

カミーユ「こんな所へ・・・カツ。」

カツ「お前のせいなんだぞ!何っ!うわーっ!」

カミーユハマーン、やめろ!」

ファ「カミーユ!」

カミーユ「ファ!ハマーンカーン。わかったお前は生きていてはいけない人間なんだ!

ハマーン「何っ?」

カミーユ暗黒の世界に戻れ!ハマーン・カーン

ハマーンこのキュベレイをなめてもらっては困る!

カミーユ「今だ!」

ハマーン「うっ!ば、馬鹿な。」

カミーユ「落ちろ!」

ハマーン(人は分かり合えるんでしょ?)

カミーユ「うおー!」

ハマーン「Ζめ!」

カミーユ「今の声。確かに聞こえたのに・・・」

 カミーユの電波全開なハマーンとの会話。これぞΖ。

 

 

 

カミーユ「僕はチャンスがあったのにハマーンを殺せませんでした。」

クワトロ「気にするな。それは私の役目だったのだろう。」

カミーユ「いえ。僕のもろい心がハマーンの強烈な意思に負けたんです。それだけです。」

クワトロ「危険だなカミーユ、それではアムロ・レイの二の舞になる。」

カミーユ「そうでしょうか?」

クワトロ「アムロは自らの魂を解き放すのに7年もかかった。それは地獄の日々だった・・・」

カミーユ「はい。」

クム「カミーユ兄ちゃん、ここにいたの?」

シンタ「トランやろう、約束だよ。」

カミーユ「おい・・・わかった僕の部屋へ行こう。」

 全体の暗さをシンタとクムが癒してくれるエンディング。とはいえもうこの後カミーユは・・・

Ζガンダム第46話「シロッコ立つ」

 ついに動き出すシロッコとサラの死亡回。

 そしてジ・O登場。

 

 

 

レコア「ジャミトフは動くのでしょうか?」

シロッコ「動くよ。『私がハマーンに会う』とジャミトフには言ってあるからな。」

サラ「パプテマス様。なぜ私を連れて行って下さらないのですか?」

シロッコ「お前にはジュピトリスの護衛を任せたはずだ。」

サラ「ハマーンとの談判など。私にお任せ下されば。」

シロッコハマーンはお前の手に負える相手ではない。」

サラ「そのようなおっしゃりよう」

シロッコ「サラ。ついてくるだけならば許す。」

サラ「ありがとうございます。」

レコア「サラ。あの方はあなたに無理をさせたくないのよ」

サラ「うそよ。あなたが私とパプテマス様の間に入って・・・」

レコア「サラ。」

サラ「私もエゥーゴにいたのならパプテマス様の相談役になれたわ。」

レコア「あの方は、あなたも私も同じように扱って下さってるのよ。」

サラ「うそよ。」

レコア「私をただの女として扱ってくれたのはシロッコ一人だった・・・」

 初っ端からこれだよ・・・まぁ、サラではハマーンの相手は無理でしょう。なお、この後気を使ってグワダンへ着艦する役目をサラに譲ります。

 

 

 

クワトロ「とてもお上手です。感服いたしました。」

ミネバ「そうか。」

クワトロ「心が楽になりました。」

ミネバ「それは良かった。お前が苦しんでいたようなので気にしていたのだ。」

クワトロ「ありがとうございます。」

ミネバ「時間があれば父上様や母上様の話をもっとシャアに聞けたのにな。」

クワトロ「どちらへいらっしゃるのです?」

ミネバ「ほかの船へ移るのだそうだ。わたしも早くジオンを再興しひとつの場所に落ち着きたい。サイド3はシャングリラのようなところだと聞いているが?」

クワトロ「はい。」

ミネバ「その時にはシャアにもそばにいてほしいものだ。お前は私を一番よく分かってくれるような気がする。

 え?ムンゾがシャングリラコロニーみたいなところですって!?(※シャングリラ違いです。)小説版ユニコーンでも語られたミネバのバイオリンを褒めるクワトロのシーン。若干ハマーンの洗脳が解けてきています。

 

 

 

ジャミトフ「青酸ガスの準備が遅れているのか、ハマーン?」

 44話の皮肉。

 

 

 

ジャミトフ「シャアはどうした?ハマーンは?」

シロッコここには我々しかいませんよ、ジャミトフ閣下。」

ジャミトフ「シロッコ、貴様」

シロッコそういうことだ。すまないなジャミトフ。

 黒い覇道。ティターズのトップが交代した瞬間です。しかし、仮に戦争が長引いていたとして、どれだけティターンズ兵が外様のジュピトリスのシロッコについてくるか疑問です。

 ちなみに劇場版での台詞は「ジャミトフ閣下、若い女口説ききれませんでしたな・・・」テレビ版のほうが私は好きです。

 

 

 

シロッコ聞こえるか、全ティターンズ艦隊。これはジャミトフ・ハイマン閣下の遺言である。ジャミトフ閣下はハマーン・カーンの手によって暗殺された。直ちにグワダンを叩け、これは閣下弔い合戦である。

 白々しい。

 

 

 

ハマーンこのキュベレイ、見くびっては困る。」

シロッコ「なんだ?」

レコア「もらった、ハマーン。なんだ?どこから撃った?」

サラ「うわっ、どこ?」

ハマーン「さすがだな、シロッコ。しかしいつまでよけられる?」

シロッコ「いい気になるなハマーン!見えた!」

ハマーンシロッコ。奴がこれほどの男とは。しかし!」

シロッコ「なんというプレッシャーだ。だがあれごときモビルスーツに!」

 貴重な初見でファンネルを落とせた男シロッコ。しかし、ジ・OはMSに必要なのは奇抜な武器ではなく、パイロットの意思を正確に伝えるマニピュレーターというコンセプトで作られていますので、絵的にはあまり映えないのが残念です。いや、謎のオーラバトルが始まるのです・・・

 

 

 

カツ「死ね、シロッコ!」

サラ「カツ、ダメ!」

カツ「サラ、そんな・・・」

シロッコ「さら!?」

ハマーン「なに?」

サラ「カツ、逃げて。早く、ここは・・・うわぁ!!」

シロッコ貴様か。サラを惑わせたのは!サラ。」

サラ「カツは私に優しくしてくれた。だから逃げて、早く。」

シロッコサラが許しても私は許さん!レコア!」

カミーユ「レコアさん、なぜカツを助けた!?」

レコア「違う。私gは・・・」

カミーユレコアさんは勝手だよ!」

 いろいろ混ざってぐちゃぐちゃですが、これぞΖガンダム!ここでシロッコが生の感情をむき出しにするところが好きです。直属の手ごまがサラとレコアしかいない点もシロッコの敗因の一つだったと私は思います。ヤザンがもっと自由に使えていれば・・・?

 このあとのハマーンの「私が出なくても勝手につぶしあってくれそうだな。」がΖにおけるアクシズを象徴する台詞だと思います。

 

 

 

 

 前回はアポリー、今回はサラ。次回は・・・

Ζガンダム第45話「天から来るもの」

 1話から登場していたアポリーがついに死亡する回。

 パラス・アテネの登場回でもあります。

 同じジュピトリス系でもボリノーク・サマーン人気や知名度は段違いです。

 

シロッコ「予想通りエゥーゴがきたか。レコア少尉には出撃してもらう。混戦になるだろうがその隙に乗じてサラ曹長を救出してもらいたい。」

レコア「どうしてもと?」

シロッコ「そうだ。サラもサラの持っている情報も欲しい。もしお前が捕らえられたなら私は同じことをサラに命令するだろう。」

レコア「素直に喜びます。そのお言葉・・・」

シロッコパラス・アテネを用意させてある。あれはよいマシンだ。」

レコア「ご期待に沿えるよう全力を尽くします。」

シロッコ「君ならばできる。レコア・ロンド

 正直レコアはもう少し大人の余裕があってほしかったシーン。劇場版では見透かしたようなセリフがありますが、TV版ではレコアはシロッコに心酔していたと私は思っています。シロッコシロッコで、レコアとサラを競わせつつも、サラ死亡時にはちゃんと怒ったりとどの程度大切に思ってるのか今でもよくわかりません。(実は他に本命がいたとかいう展開でもないですし。)

 

 

 

ファ「アーガマを沈めようなんて!」

レコア「ファ!?」

ファ「強い。はっ。なんて速さえ?後ろ」

レコア「強くなったわね、ファ」

ファ「え?レコアさん・・・レコア少尉なぜですか?」

レコア「ファ、放しなさい。アッ」

ファ「レコアさん」

レコア「元気そうね、ファ」

ファ「なぜ裏切ったんですか、レコアさん」

レコア「やはりそういう風にしか見えなくて?」

ファ「当たり前でしょ。」

レコア「私はもともと主義者ではないわ。私は戦争でなくしてしまった私の感情の行き所を探して生きていたわ。」

ファ「そんな人が私を憐れんで撃墜しなかったんですか?感情的にもならず」

レコア「今の私は女としてとても充足しているの。安定しているのよ。でも、時々昔のことも思い出すから。」

ファ「それは勝手です。私にもカミーユにもショックでした。」カミーユは苦しんでいます。」

レコア「そうね。カミーユは男だもんね。」

ファ「関係ないでしょう。」

レコア「世の中には男と女しかいないのよ。それは思想とか信念とか別のものよ。アーガマの男たちは自分のことしか考えていなかったわ。」

ファ「クワトロ大尉のことなんですか?」

 なんだかティターンズに行った途端MSの腕が上がった気がするレコアさん。アーガマを正確に射撃したり、(味方ですが)バーザムを落としたり。もっとも、エゥーゴ時はろくに戦闘に参加もしていませんでしたが。

 こういうセリフこそΖの真骨頂とおもいますが、今だったら男の考えるフェミニズムとたたかれそうな気がします。

 

 

 

サラ「あ、敵!」

カツ「サラ、なぜまた僕の前へ出てきたんだ?」

サラ「カツなの?」

カツ「そんなにシロッコの所に戻りたいのか?」

サラ「そうよ。だから邪魔しないで。私はあなたよりも先にシロッコに出会ったのよ。」

カツ「そんなことが理由になるものか。」

サラ「そう、そうなの、分かったわ。さぁ、早く撃ちなさい。今なら撃たせてあげるわ。」

カツ「う・・・やめてくれ、サラ・・・会いたいんだ、会って話がしたいんだよ。」

サラ「そんな!たとえそう思っていてもそれを言うのは男じゃないわ。だからあなたのこと全部好きになれないの!」

カツ「サラ・・・」

エマ「カツ、撃ちなさい。」

カツ「中尉が出てくくることないでしょ。」

エマ「カツ・・・」

カツ「悪いのはシロッコです。サラじゃないんだ。」

サラ「カツ・・・あなたの行為は涙が出るくらい嬉しいわ。でも遅いのよ。」

エマ「逃がすか」

カツ「サラ僕には撃てない。撃てないよ。」

 やっぱり前回のカミーユと比べるとだいぶマイルドなイメージ。なお、サラはカツより先にカミーユと出会っています。

 ヘンケン艦長から好意を向けられつつも回避しつつ(劇場版では寝ているらしいですが)、恋愛描写の全くないエマ中尉はどんな男が好きなのでしょう?

 

 

カミーユアクシズが落ちるんだ」

ジェリド「アクシズが落ちる?」

 ※地球寒冷化作戦ではありません。

 

 

 

ファ「私にはレコア少尉が殺せなかったんです。」

エマ「ファが優しいからよ。レコアさんを見守ってあげたいと思ったんでしょ?」

ファ「違います。そんな風に優しくはないわ。わたし。女ってああなんじゃないかって、思ったりするんです。

エマ「そんなことないわよ。」

 今回のまとめ。

 

 

 

ナレーション「こうしてゼダンノ門は宇宙の塵となった。」

 さよならア・バオア・クー・・・